ラストワンマイル

こんにちは。石垣ドローンです。

今回は荷物の配送でドローンが活躍する時代は近いかも?というお話です。

物流業界は”ラストワンマイル”と言われる社会問題に直面しています。

ラストワンマイルとは、荷物の配送拠点から届け先(自宅など)までのことを表します。不在による再配達の割合は全体の2割から3割を占めると言われ、再配達にかかる人件費やガソリン代、引いては二酸化炭素排出量など、無視できない社会問題となっています。

ラストワンマイルの解決に向けて、官民一体となり様々な動きがありますが、その中の一つとして、ドローンによる配送があります。

都心や住宅密集地などでは、安全などの面からすぐに実用化することは想像できませんが、地方では輸送実験が実用化に向け活発に行われています。

石垣島では、2017年に石垣-竹富間の離島間飛行実験が行われ、成功しています。

石垣島は特に八重山諸島の物流の拠点となるため、船以外の輸送手段があることは大きなリスク分散になります。

少しずつこのような取り組みが現実になるよう、私たちもドローンに関わるものとして、力になりたいと思います。