石垣島の朝の空撮

石垣島で着水型ドローンのデモフライト

こんにちは、石垣ドローンです。石垣島でドローン体験を運営しています。

先日、石垣島の白保海岸でサンゴ礁の生息状況調査のため、着水型ドローンのデモフライトが行われたようです。

着水型ドローンでサンゴを撮影|八重山毎日新聞

八重山諸島ではここ数年、海水温の上昇により、サンゴ礁の白化現象が進んでおり、サンゴ礁の生息状況の調査が行われています。

基本的には人が潜り、目視で調査をするようで、このようなドローンによる調査が進めば、人手をかけずに、より正確な生息状況を把握することができるため、大きな助けとなります。

石垣島を含む八重山諸島は、複数の離島からなること、広大な海洋資源や、山々があること、農業が盛んであることなどから、ドローンを使った離島配送、測量、農薬散布など、ドローンを活用できる土壌が多くあります。

今後もこのような産業用ドローン活用の動向に注目したいと思います。

朝日が水面に入り込み反射して鏡の様になりました。